最適な服装とアイテムで加圧トレーニングに挑むには

>

加圧トレーニングのメカニズム

加圧トレーニングに適した服装

加圧トレーニングを行うのに適した服装は、半袖とひざ丈のハーフパンツになります。

加圧トレーニングでは、ストレッチなどを行うので、伸縮性のある身体にフィットする服装にしましょう。
また、汗をかくので、吸湿性、速乾性があるものの方が良いです。

下着類は、締め付けが少ないもののを着用しましょう。
女性の方の場合は、ワイヤーが入ったブラジャーは身体に圧力をかけるので、身体への負担があります。
トレーニングで、汗もかくので、動きやすく速乾性のあるスポーツブラジャーを着用しましょう。

ジムでトレーニングを行う際には、トレーニングシューズを履いて行うものです。
しかし、加圧トレーニングの場合、靴を履かずにトレーニングを行うところが多いです。
靴が必要かどうかは、ジムによって異なるので、事前に確認しておきましょう。

トレーニングに適していない服装

加圧トレーニングで、ベルトを巻く場所は、二の腕と太ももの付け根に近いところになります。
ベルトを直接肌に巻き付けると、肌がかぶれる可能性があります。
なので、ノースリーブやタンクトップのような袖が無い服装は止めましょう。
また、同様にパンツも、ショートパンツのような丈が短いものは適していません。

血管の状態を見ながらかける圧力の調整を行うので、血管の様子が見えない長袖のシャツも良くありません。
身体にフィットする服でも、ツルツルする素材の服の場合、巻きつけたベルトが滑り落ちやすくなるので、ツルツルする素材の服は避けましょう。

この他にも、厚手の服装も圧力がかけづらくなるので、薄手の服にしましょう。
股下が深くなっているパンツも、布を巻き込んでしまって、ベルトを巻きづらくなります。


この記事をシェアする